ライフ

2010年5月18日 (火)

クロスビー

PCも復活し久々のブログです。良い気候が続いてるけど、この時期はやっぱりくしゃみがでますよ(苦笑)先日ふらっとCD屋さんに寄ったらずっと聴きたかったCDに遭遇。デビッドクロスビーの「If I Could Only Remember My Name....」。探しに行くとなかなか無かったんで、自分の中では期待がやけに大きくなってた作品。プレーヤーに入れて再生を押すと1曲目の「Music Is Love」からもう、これこれって感じでホントに素晴らしい。やはり後期の作品とは別物。この時期のセッションはどれもすごそう。参加ミュージシャンにはガルシアやジョニミッチェルもいたりしてプレイも楽しみながら聴いてます。良いメロディーにハーモニー、そこに絡まるジャム具合が自分好みでした。
さて次回のライブは、6月11日(金)アンコール渋谷です。http://www.encoreshibuya.com/
Fablesの出演は19:40~です。詳細はまた後日書きますね。この日は楽しみなライブなんで是非来てください~!

2010年4月10日 (土)

SF

桜も咲いてちょっとだけ風の冷たさが和らいだ気がしますね。この時期駅では定期売り場にたくさん人が並んでいたりして、やはり新しい環境になった人も多いんだなと感じます。個人的には花粉の季節がそこまでやって来てる時期なんだけど(苦笑)最近久しぶりにELOの「A New World Record」を聴いたら胸が熱くなりました。やっぱりELOってたまんなく好きなんだなと実感。昔は部屋の明かり消して聴いてると勝手に宇宙に行ってる気がしてた(笑)飛行機でヘッドフォン挿したら「ミスターブルースカイ」流れた時は嬉しくて曲終わるまで窓眺めてたなぁ。壮大なアレンジの甘酸っぱいロックンロールって今はあまり聴けないかもしれないけど、この70年代の時代感も相まったSFっぽさが好きなんですよ。そういえばアルパチーノのスカーフェイスでもELOが流れてて驚いた。ジェフ・リンのソロ「アームチェアーシアター」も最高にカッコ良いロックンロールが詰まってる。同じ70年代のブリティッシュポップスなら10ccもすごく好き。「びっくり電話」とゴドレイ&クレームが抜けた後の「愛ゆえに」の2枚は特に好きでホントに名盤だと思う。最近聴いた後期の作品「ミステリーホテル」も良い作品でした。この流れで言えばロイ・ウッドの「マスタード」、スパークスの「キモノマイハウス」も素晴らしいメロディーがたくさん詰まってます。今月21日に出演するライブハウスは自分にとって初めての場所ですが内装がキレイでした。楽しみです。お待ちしてます!

2010年3月30日 (火)

30日

桜もぼちぼちですね。PCの調子が悪くてブログが書けないうちにもう3月末。夜はまだ寒いね。季節的に人の移動や変化や出会い別れが多いから一年の中でも特別な時期ですよね。それでも春は春らしくグッドミュージックを奏でたいですね。30日は渋谷WastedTimeにてライブです。出演時間は20:10あたりからですんで会社帰りに是非お立ち寄り下さい!良い夜にしたいですね。

2010年3月10日 (水)

アクション

3月の雪には驚いた。3月だけどまだまだ寒い日がありますね。ここのところバタバタとしてたけど映画もいろいろ観てました。自分はバランスよくいろんなもの観るより、飽きるまで同じ感じの映画を観たいタイプで、最近はずっとアクションものばかり観てました。何度観てもやっぱりアル・パチーノはたまんなくかっこいい。憧れる。ウィキぺディアを見たら身長が一緒でめっちゃ嬉しかった。今月30日(火)はライブなので是非!お待ちしてます。Fablesの出番は5組中3組目で20:10~からの演奏です。ライブの頃には桜咲いてますね。

2010年2月 1日 (月)

パーティー

東京では久しぶりの雪ですね。ここ1年ぐらい友人の結婚が多くて、久しぶりに会ったり初めて出会ったりといろんな分野の方と交流がありました。先日、ある友人の結婚パーティーに招待していただいたので出席してきました。その彼とは1年ぐらい前に知り合ったこともあり、共通の友人はあまり居ないんだけど、一歩下がってお酒と雰囲気を楽しんできました。2人の幸せそうな表情やみんなの笑顔ってホント良いっすよね。素敵っす。友人は同い年だから、招待された数十人も同世代ってことで、みんなすごく人生観が出てたなと(笑)学生時代って人に対して部活が違うとか出身校が違う程度の違いしか感じなかったけど、この年齢で一度に大勢の同世代に会うと、歩いてる道ってみんな違うんだなって改めて思った。学生の頃の対抗意識が逆に微笑ましかったりするんだろうなって感じたり。昔学校の先生が「年齢と共に友人が出来にくくなる」って言ってたのをふと思い出したけどその通りだと思う。でも出会う人にもよるとも思う。確かに仕事をしている以上幼馴染的な仲にはなれないし、互いに守るものもあると思うし。でもパーティーに招待してくれた友人に対しては10代で出会ったような感じがしてた。10代みたいな会話が多いからかな(苦笑)上京して知り合った友人の99.9%は出身地も環境も違うとは思うけど、自分は良い友人に囲まれてるって心底思う。1人で生きてるようで、絶対そんなことないしね。「夫婦喧嘩は犬でも食わない」って言う言葉があるらしいから(笑)新婚の2人にはとにかく幸せになってほしい。

2月8日(月)はライブです!お待ちしてます!

2009年12月30日 (水)

雑魚

来年がそこまで来てますね。何かのニュースに「正月休みのムダな過ごし方」って記事があって、1位が「寝すぎる」だった。以外だなって感じ。2位が「テレビを観る」、3位が「何もしない/だらだら・ゴロゴロする」ってあって。。自分にとっては1~3位こそが正月の過ごし方かと思ってたから驚いた(笑)話は変わるけど最近も発見しては聴いてます。スワンプものではマークベノの「雑魚」と「ロスト・イン・オースティン」。特に「雑魚」のジャケは美しくて、4曲目の「スピーク・ユア・マインド」って曲とジャケがシンクロしてて、その世界観がたまんなく良いんですよね。古びた、新しいっていう概念とは無関係なところがまた名盤と言われる所以なんでしょうね。ジェシエドのプレイはソロアルバム同様に個性的な音で好きです。あとは80`sのThis Mortal Coilの「涙の終結」。リバーブの効いた音処理のせいか冷たい空気感が漂っていて素晴らしい内容の作品でした。最近寒い寒いと口癖のように言ってる割りには良い年してアイスが止められないでいる日々を送ってます(苦笑)

2009年12月23日 (水)

タイム

さすがに寒いっすね。2009年ももう少し。ほんのちょっとホッとしてます。年末は特に時間の流れが速い気がするし、気がつけば飲んでる感じです(苦笑)1年が過ぎるのは速いと言っても1月や2月の事ってすごく前というか去年のようにも感じたりもしますが。TVかラジオか雑誌かは忘れたけど何かで憶えてる事があって、年々時間が過ぎるのを速く感じるのは本当らしくて、「365(日)÷年齢」という考え方(計算式?)があるらしいです。来年こそは良い時間の使い方をして思う存分楽しみたいなと思ってます。今は来年のライブに向けての準備をやりつつ予定等を調整中です。詳細決まったらここで発表しますんで、よろしくお願いします~!

2009年11月 7日 (土)

個展

マフラーの季節ですね。従姉妹の個展やっています。是非是非お越し下さい!

布とビーズでハッピーライフ展 「Flower」

期間:11月3日(火)~11月8日(日)

開催時間:11時~19時

場所:SHORT LINK CIRCUIT(ショートリンクサーキット)http://www.selloid.com/slc/

住所:港区西麻布3-1-14 六本木フォレストビルB1

TEL:03-3470-7315

2009年10月29日 (木)

配分

今年もあと2ヶ月程ですね。嬉しいような、嬉しくないような(苦笑)天気が良い日は気候が最高なんで遠出とか良いですね。今年は夏にライブで茨城に行ったぐらいで、遠出はまったくしてないので、来年は旅行でもライブでもどこか行きたいですね。先日茨城でのライブ音源や映像等が出来たとのことで、ライブに招待してくれた友人が郵送してくれました。会場の音をそのまま取り込んでくれていたので、会場でどんな感じで聴こえていたかがすごくわかって嬉しかったです。話は変わるけど缶チューハイってすごいっすね。今さらですが。いろんな種類が短い周期で出てるんですね。スーパー行くと興味津々で見ちゃいます。コーラショックを見た時、若い頃はこんな飲み方散々したよなんて思いながら飲んだらすごく美味しくて。今ではたまに飲んじゃいます。アルコールとコーラの配分なのか、黒木メイサの影響なのかはわからないけど(笑)そういえばカルピスウォーター出た時も思ったなぁ。これが正規版の濃さなんですって言われた気がしたの憶えてる。何でもそうなんだろうけど、バランスや配分って大事でそれが肝なんですよね。11月20日(金)渋谷多作にてライブ決まりましたんで!!是非来てください!!詳細はまた後日発表します。

2009年10月 9日 (金)

10月

10月っすね。晴れた時は気持ち良いけど雨だとちょっと寒く感じますね。昨晩は雨音がすごくてなかなか寝付けなかったなぁ。ここ最近はこの前のライブでいろいろ気付けた事で、新しい気持ちで曲をつくったりしつつ映画観たりしてました。そういえば「マイ・ブルーベリー・ナイツ」って映画を今さらですが観ました。ライクーダーの音楽はやっぱりすごく素敵で、ノラジョーンズの歌と共に映画の雰囲気をとても盛り立てていたのが印象的でした。スライドギターってとても奥深くて、良い響きや正確なピッチや色っぽさを出すってなかなか簡単ではないと思うんだけど、人の感情にとても近い音が出せる奏法だと思うんです。スライドギターも弾く人によって異なる点がまた好きな理由でもあって、フレーズはコピー出来ても弾く人の音の存在感や雰囲気まではコピー出来ないところが面白いなと。何でもそうかもしれないけど、逆に自分の特徴を知る事が出来たりする点が良いですよね。例えばちょっと極端だけど、周りがいろいろ言ったとしても自分のカラーを大事にするってすごく自然なことだし、誰かと比べる対象じゃないと思ってます。特にバンドとかセッションとかレコーディングではそういうことを学べました。最近なかなか友達と会ったり出来てないので、たまには飲みたいなぁと思う今日この頃でした~

より以前の記事一覧

フォト

Fables 「First Take」

  • Firsttake
    2008年6月25日ディスクユニオンにて販売開始。収録曲「Songbird」はNHK-FM、InterFM等にてオンエアー。現在ライブ会場のみにて販売中。KPRW-8001 ¥1,000 ※在庫わずかです。

Fables@YouTube

無料ブログはココログ