« mean street | トップページ | 主人公は僕だった »

2008年10月 6日 (月)

舞ってる砂

秋らしくなってきた今日この頃。ここのところはいろいろと考え事ばかりな日々。今さら考えてもしょうがない。ディランの「くよくよするなよ」を聴いた。そういえば最近までZEP再結成するしないのニュースを良く見たけどロバート・プラントは完全否定とのこと。そのニュースでふとアリソン・クラウスとの共演盤を思い出し無性に聴きたくなった。プラントの乾いた、かすれた味わいにクラウスの艶のある瑞々しい歌声が砂漠のオアシスのようにたたずんでる。フェイブルスのレコーディング中にエンジニアさんからクラウスを教えてもらいその時はえらく感動した。この共演盤はプラント寄りだけどまさに「ライシング・サンド」なサウンドで好きです。Youtubeで観たツアーの映像はめっちゃカッコ良くて、こんな編成のライブが出来たらなって心底思いました。そしてノラオンナさんの「バラッド・ラリー9」はまたまた素晴らしかった。ノラバンドがまた良いんですよ!毎回メンバーが違うからアレンジもその時で違うんだけど、押し引きを心得たミュージシャンの演奏にノラさんの楽曲の良さがさらに引き立ってた。キャリアに裏打ちされたアレンジや表現は宝物ですよ。年を重ねることはホントに素晴らしいことです。自分ももうすぐ数が1個増えますが(苦笑)それと同時に自分の表現も一歩前に進めたらなって思ってます。ってことで28日のライブは初めてづくしのライブになると思います。

« mean street | トップページ | 主人公は僕だった »

ライフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

Fables 「First Take」

  • Firsttake
    2008年6月25日ディスクユニオンにて販売開始。収録曲「Songbird」はNHK-FM、InterFM等にてオンエアー。現在ライブ会場のみにて販売中。KPRW-8001 ¥1,000 ※在庫わずかです。

Fables@YouTube

無料ブログはココログ