« 品川 | トップページ | 1stライブ »

2008年9月 7日 (日)

アーシー

先日アーティストの川井瑞樹さん(FablesのCDジャケの絵は川井さん)のブログでアル・パチーノの「セルピコ」が取り上げられていたので早速借りてみた。観て驚いた。組織に媚びず自分自身を貫く姿勢だけでなく、アル・パチーノのヒッピーファッションの着こなしがたまんなくカッコイイ。顔つきは大好きなクリス・ロビンソンにそっくりだった。その流れで「狼たちの午後」を観る。警察役から犯罪者役へ180度変わってたけど、影のある役柄とストーリー展開にどっぷりはまってしまった。60年代や70年代の映画はオープニングに渋くて心がグッと掴まれるようなナンバーがよく流れると思う。映画を総括しているような雰囲気がある。「狼たちの午後」ではエルトン・ジョンの曲が冒頭で流れる。この曲は個人的にエルトン・ジョンの最高傑作でありロックアルバムの金字塔といえる「タンブルウィード・コネクション」の収録曲。この頃のエルトン・ジョンは本当にロックしてる。しかもすっごくアーシー。「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」の聴きやすさは一切無い(このアルバムも好きだけど)。グラムのイメージもこの「タンブルウィード・コネクション」には無い。ヒット曲のイメージが無いから余計に愛しいアルバム。どちらかというとデイヴ・メイソンの名盤「アローン・トゥギャザー」に近い雰囲気。自分の場合音楽だけでなく、役者も少し前の人が好きみたいです。

« 品川 | トップページ | 1stライブ »

ライフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

Fables 「First Take」

  • Firsttake
    2008年6月25日ディスクユニオンにて販売開始。収録曲「Songbird」はNHK-FM、InterFM等にてオンエアー。現在ライブ会場のみにて販売中。KPRW-8001 ¥1,000 ※在庫わずかです。

Fables@YouTube

無料ブログはココログ